わかば歯科クリニック医師紹介・挨拶診療メニュー往診治療費用院内風景アクセス
歯に関する知識
TOP > 歯に関する知識 > 歯周病とタバコ
歯周病とタバコ
タバコの煙が最初に通過する"口"は、喫煙の悪影響が最初に貯留する器官になります。

タバコはなぜ悪い?

一般にタバコを吸う人は、吸わない人に比べると3倍も歯周病にかかりやすく、
また2倍も多く歯を失っているという報告があります。
更に喫煙本数と比例して歯周病が重症化することも分かっています。
では、なぜタバコが歯周病を悪化させてしまうのでしょうか?

歯周病以外のタバコの害

タバコは歯周病の悪化だけではなく、お口の中にいろいろな悪影響を与えます。
ヤニで歯が汚れるだけでなく、メラニンで歯が黒くなり、ゴツゴツした歯肉になります。
舌に舌苔(歯垢と同じ細菌のかたまり)にまみれてヤニが沈着し、ひどい口臭を発します。
さらに味覚を感じる器官をヤニまみれの舌苔が覆い、味覚を鈍化させてしまいます。
タバコをやめると食べ物がおいしく感じるのはこのせいです。

電子タバコ

最近ではテレビや雑誌などでも、電子タバコが注目されています。

歯科診療メニュー
医療法人 わかば歯科クリニック
住所
福岡市博多区美野島1-23-20
電話番号
092-473-5119
診療時間
午前9:00〜13:00(受付12:30)
午後14:00〜19:00(受付18:30)
※水曜・土曜は13:00まで
休診日
日曜日・祝祭日
このページのトップへ