WEB予約
電話予約
LINE予約
Instagram

お子さまの歯やあごは日々成長しています。そのため定期的に検診にお越しいただき、トラブルがあれば早期に対応することが大切です
。当院の小児歯科は治療よりも予防に重点をおき、正しい歯磨き方法のアドバイスなどにも対応しています。

「お子様の歯を予防」する事が重要です。

供の歯は生後半年程度から生え始めますが、生えてきた瞬間から虫歯の危険性があります。

まずは、歯磨きの習慣をつけることが重要ですが、万が一虫歯になった場合やうまく歯磨きができずにお子さんの歯に不安を感じている方は出来るだけお早めに来院してください。

小児のむし歯治療

むし歯の治療法は大人も子どもも変わりません。むし歯の部分を削って、レジン(プラスチック)や金属で補うという処置が中心ですが、進行したむし歯の場合、神経を除去しなければならないこともあります。
むし歯を早期発見、早期治療できれば簡単な処置で治すことが可能となり、お子さまの歯医者に対する苦手意識も生まれにくいでしょう。
小児歯科では治療と同じくらい予防が大切ですので、是非、小さいうちからかかりつけの歯科医を見つけて、定期的な通院を習慣にしていただきたいと思います。


わかば歯科クリニックでは下記の内容の診療を行なっております。

小さなお子様は歯を削る治療などは嫌がってしまい大変難しい治療になってしまいます。
ですので、検診や簡単な処置程度済む状態で定期的に来ていただくことにより、

お子様や親御様のご負担を最小限に抑える事が可能です。

 

虫歯にならないようご家庭でもできることがあります!

①強い歯を作り・むし歯菌を抑えましょう。
お子様の健康状態は口の中の状態に大きく影響します。

栄養バランスの取れた食事と規則正しい健康的な生活をおくることにより、
お子様のむし歯菌に対する抵抗力を高め、強い歯を作る事ができます。


②糖分の摂取時間と間隔に注意しましょう。
糖分を摂ると口の中は虫歯になりやすい「酸性」になります。

それが「アルカリ性の唾液」によって、時間をかけて「中性」に戻るのですが、長時間にわたって糖分を摂取し続けてしまうと口の中が「中性」に戻る時間がないため、常に口の中が「酸性」の状態になってしまい、虫歯になりやすい状態がつづきます。

お子様が欲しがるからといって、甘いものを長時間与え続けるとむし歯になる危険性が高まりますので、親御様が十分に注意をしてあげましょう。


③仕上げ磨きがとても重要です。
お子様が自分で歯磨きをおこなっても、隅々までは歯を磨けていません。
そのままにしておくと虫歯の原因になりますので、親御様の「仕上げ磨き」が必要です。
お子様の頭や体などを固定して、歯についた汚れをしっかりとキレイにしてあげてください。

※当院ではブラッシング方法の指導をおこなっておりますので、お気軽にお問合せ下さい。